シャンプー時のマッサージ方法

シャンプー時のマッサージ方法

マッサージはお風呂から出たあとにだけやるものではありません。

 

「シャンプーするときもマッサージする」ことで、毛穴の汚れも落としやすくなり、また血流も良くなることから抜け毛防止の相乗効果が大きく期待できます。

 

まず下の図をご覧ください。(出典:「20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング」板羽忠徳 著)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーするときにマッサージで使う指の部分は、「指頭(しとう)」というところです。

 

正確にいうと、指紋のグルグル渦巻きの中心からちょっと上に行った辺り。

 

この指頭の部分をまずはちゃんと頭皮にピタッとつけます。

 

男性型脱毛症の場合ですが、薄くなってくるのはだいたい頭頂部と前頭部(額の上の部分)ですので、その部分を意識してマッサージしながらシャンプーします。

 

次に女性型脱毛症の場合ですが、女性の場合は頭髪全域がまんべんなく少しずつ薄くなっていきますので、頭部全体をマッサージしながらシャンプーします。

 

ここが大事!

まず全部の指を広げてパーの状態にし、頭を抱えて悩むようなポーズで全部の指の指頭を頭皮に置きます(すでにシャンプー剤は泡立った状態で髪についている状態とします)。

 

ここで。
頭皮にくっつけた指頭は「絶対にこすってはダメ!」です。

 

こすらないように、指頭はあくまで小刻みに揉むような感じで洗ってください。

 

大事なのは「こすらないように気を付けること」です。

 

指頭の配置をあちこち替える必要はありません。

 

一回すべての指頭を頭部に固定したら、特に頭頂部と前頭部は意識して30秒くらいゆっくりと揉みます(こすらないこと!)。

 

頭皮は揉まれることで、しわが寄ったり元に戻ったりを繰り返し、その結果毛穴がギュウウッと絞られる感じになることから、毛穴に詰まった皮脂などの汚れも浮き出てくるようになります。

 

さらに良いことは、「こすらない」ので新生毛を引っこ抜く可能性が圧倒的に低いということ。

 

新生毛は文字通り「新しく生えてきてくれた毛」。

 

我々の希望の星なのです!

 

この新生毛をいかにして引き抜かずに清潔な環境で丈夫に育ててあげられるかが、将来を大きく左右するわけで、つまりこのマッサージ方法を体得することはとても重要な意味を持つと思ってください。

 

 

大切なことなので繰り返し言わせていただきます。

 

僕らが問題視しなければいけないのは、髪の毛の汚れではなくて、「頭皮(毛穴)についた汚れ(皮脂など)」の方です。

 

髪の毛についた汚れなんてものは、髪の毛がシャンプー剤で泡立っていればほとんど落ちてしまいます(実際にはシャンプー剤抜きの湯洗だけでも80%の髪の毛汚れは落ちてしまうといわれています)。

 

だから、シャンプー中は髪の毛よりもとにかく頭皮に集中し、指頭を使って頭皮(特に頭頂部と前頭部を中心に)を揺り動かすように揉んでマッサージしてください。

 

くれぐれもこすらないように!!

 

いいですね。

≪スポンサー リンク≫




脱毛防止・育毛促進はこちら

手軽にがっちり成果を得たい方へ

 

現在の抜け毛の量を減らし、新生毛(新しく生えてくる毛)を太く成長させるための方法の一つとして、「育毛サプリメント」という選択肢があります。

 

販売数が圧倒的に多く、人気も非常に高い製品3点について、分析を交えながらご紹介します。

 

僕自身、今も利用し続けているものもありますので、是非ご参考になさってください。

 

 

>>育毛サプリメント3商品の分析です<<

 

 

 

髪のプロによるマッサージを体験してみたい方へ

 

アデランスさんの体験メニューについてご紹介します。

 

アデランスさんのお店は全国にあり、また予約も手軽にできるため、是非一度プロの手技による頭皮マッサージを体験していただければと思います(間違いなくあなたも感動することと思います)。

 

 

>>アデランスのお試し体験について<<

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて