ミノキシジルについて

ミノキシジルとはどんなものか?

 

ミノキシジルには、血管の拡張や血行促進の効能があるといわれています。

 

もともとは高血圧の治療薬(経口血圧降下剤)としてアメリカで開発されたのですが、その際に「全身に多毛症が頻発する」という副作用が発見されたのをきっかけとして検証が進められ、その後、正式に「これは脱毛症に有効だ」となりました。

 

現在、男性型脱毛症(AGA)に対して「病院で治療したい」といった場合、診察の上で医師から処方される治療薬は基本的に「ミノキシジル」と「フィナステリド」の2種類かと思います。

 

ポイントは、「治療」する目的で、「薬(医療用医薬品)」を使用する、という点。

 

「積極的に治療する」目的なので、原則として病院でしか手に入りません。

 

そして、「薬(医療用医薬品)」ですから、原則として医師の診察を受けないとやはり入手できません。

 

男性型脱毛症の治療には大きく分けて「脱毛の進行を止める」ことと「ハゲてしまった部位の再生」の2つがありますが、ミノキシジルは「ハゲてしまった部位の再生」に使用される治療薬と覚えておいてください。

≪スポンサー リンク≫




ミノキシジルは発毛促進、発毛再生のための薬

 

男性型脱毛症の主な原因には「男性ホルモンの過剰分泌」が挙げられます。

 

5αリダクターゼという成分によって強力な脱毛ホルモン(DHT:ジヒドロテストステロン:悪玉男性ホルモンともいう)が生成されることで発生するというものです。

 

このDHTによって脱毛スイッチがカチッと入ってしまった毛根には、もはや栄養が届かなくなってしまいます。
そして血管が収縮し、恐ろしい血行不良が発生する。

 

この流れを変えるのがミノキシジルです。

 

ミノキシジルには脱毛スイッチが入ってしまった毛根や収縮した血管を拡張(再生)させ、再び頭皮の血行を促進させる「薬」としての効果が十分に備わっています。

大正製薬のリアップ(RiUP)

 

大正製薬から発売されている育毛用医薬品「リアップ」は、日本製の育毛剤で唯一、「男性型脱毛症の治療薬としてミノキシジルが配合された」市販の育毛剤(ミノキシジル製剤)です。

 

つまり読んで字のごとく、「リアップ」以外の日本製市販育毛剤には「ミノキシジル」は含まれていません。

 

ここで「あれっ?ミノキシジルは病院でしか扱ってないんじゃないの?」

 

と思われた方。

 

たしかに原則はそのとおりです。

 

ですが規制緩和の流れを受けて、1999年に厚生省に認可された結果、このリアップだけが唯一市販でミノキシジル製剤として販売してもいいですよ、となったわけです。

 

その代わりポジションは「第一類医薬品」。

 

「薬剤師が常駐する薬局などで薬剤師が手渡しし、商品内容や使用法について文書で説明する義務がある」と薬事法に規定されている、リスクがある程度ある商品として扱われています。

 

 

リアップには複数の種類が発売されています。

 

リアップ

1999年から発売されているミノキシジル1%配合の男性用発毛剤。

 

・内容量:60ml/120ml
・価格:7,000〜8,000円(税込)
・成分:ミノキシジル、プロピレングリコール、エタノール

 

リアッププラス

2008年から発売されているミノキシジル1%配合、さらにパントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールという3種の有効成分を加えた男性用発毛剤。

 

・内容量:60ml
・価格:5,000〜6,000円(税込)
・成分:ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、カミツレ油、1,3-ブチレングリコール、pH調節剤、エタノール

 

リアップX5

2009年から発売されているミノキシジル5%配合の男性用発毛剤。

 

・内容量:60ml
・価格:7,000円〜8,000円(税込)
・成分:ミノキシジル、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール

 

リアップジェット

2012年から発売されているリアップ初のエアゾールタイプの商品。ミノキシジル1%配合。
頭皮に直接押し当てて繰り返し15回噴射することで1回使用量を手軽に塗布できます。
噴射後は自動的にロックされるので使い過ぎず安心です。

 

・内容量:100ml
・価格:3,500〜4,500円(税込)
・成分:ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、カミツレ油、1.3-ブチレングリコール、クエン酸、 エタノール、DME

 

リアップレディ

2005年から発売されているミノキシジル1%配合の女性用発毛剤。

 

・内容量:60ml
・価格:5,500円〜6,000円(税込)
・成分:ミノキシジル、プロピレングリコール、エタノール

 

リアップリジェンヌ

2011年から発売されているミノキシジル1%配合、さらにパントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールという3種の有効成分を加えた女性用発毛剤。

 

・内容量:60ml
・価格:5,000〜5,500円(税込)
・成分:ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール

 

はじめて市販のミノキシジル製剤(リアップ)を使おうとする人や、まだ脱毛がそれほど深刻ではない人は、まずは「リアッププラス」(配合量1%)か「リアップリジェンヌ」(配合量1%)からはじめてみるのが良いと僕は思います。

 

「1%よりも5%配合されてるほうが効果が大きいのでは?」

 

ともし思われている場合は、この商品が「医薬品」であるということをくれぐれも忘れないでください。

 

リアップは副作用のリスクがある「第一類医薬品」です。

ミノキシジル配合の製剤を使用する際の注意事項

 

病院では医師から使用上の注意を説明されますが、ドラッグストア等では薬剤師さんから簡単な注意説明しかない可能性があるため、ここでミノキシジル配合製剤の注意点をしっかり把握しておいてください。

 

・過去に1度でもミノキシジルでアレルギーを起こしたことがある人は使用しない。

 

・原則として円形脱毛症の人は使用しない方が良い。

 

・額(ひたい)の両サイドのハゲには効果がない(頭頂部のハゲにのみ効果がある)。

 

・未成年、子ども、赤ちゃんには絶対に使用しない。

 

・妊娠中や授乳中のときは使用しない方が良い。

 

・女性の場合は1%配合までと決まっています。

 

・頭皮の違和感や腫れや痛み、胸の痛み、動悸、めまい、突然の体重増加、顔の毛が突然濃くなった等の場合は副作用の可能性が高いので、直ちに使用を中止する。

 

・4ヶ月使用して効果が感じられない場合は使用を中止し医師に相談する。

 

繰り返し言いますが、「ミノキシジル」は医薬成分なので、医薬部外品に比べて副作用の危険性が高いことから、決して気楽な気分で使用してはいけません。

 

最近はミノキシジルと同等の力を発揮する成分も次々に確認され、そうした成分を配合した医薬部外品の育毛剤も市販化され始めています。

 

僕個人の経験を踏まえた見解ですが、ミノキシジルを使用する前に、まずは比較的安全で作用も期待できる医薬部外品の育毛剤を試していく方が、結局最終的には良い結果に結びつくのではないかと思います。

 

※本サイトでも僕がこれまで使ってきて「これは良い」と感じた育毛剤をご紹介してますので、どんな育毛剤を買ったらいいかお悩みの場合は参考にしていただければと思います。

 

>>>育毛剤3商品の分析です。

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて