いつからか「髪が乾くのが遅いな」と感じてませんか?

髪が乾きにくいと自覚している人へ

「ドライヤーでいつも通りに乾かしてるのに昔に比べてなぜかけっこう時間かかるようになったなぁ…」

 

「タオルで拭いても拭いても、髪の毛がなんかずっと湿っぽい感じがする…」

 

そんな心当たりがある方。
実はあなたの髪の毛はすでに注意が必要な状況ですよ。

 

一般的には『ドライヤーで5分以上かけないと乾いていかない状況が注意』といわれてますが、もっと簡単に言うと「以前に比べてなんとなく乾くのが遅い」という自覚症状があるなら、もうそれだけであなたの髪の毛は痩せ細ってきてる可能性があります。

≪スポンサー リンク≫




髪の乾きにくさは、髪の毛が痩せて切れ毛・細毛になり始めの警告と知れ

普段ドライヤーで髪を乾かす時間は正確には何分か?なんてこと、だいたいの人はいちいち覚えていないかもしれません。

 

いや、もしかしたらそもそも「髪が乾く時間」ということ自体意識したことがない人が大半かもしれません。

 

それはなぜか。

 

ズバリ、「どうせ人それぞれの髪の髪質の違いでしょ」(自分ではどうせ変えられない部分なのだ)とほぼすべての人が無意識にそう考えて納得してしまっているからです。

 

だから、普段から「乾きやすい」とか「乾きにくい」とかを特別に意識したりはしない。

 

じゃあなんでそう納得してしまうようになったのか?

 

1990年台くらいまでは、髪の毛のダメージの代表格は「枝毛」でした。
テレビCMや雑誌などでも、「枝毛」「枝毛」のオンパレード。

 

それが2000年台になると、「枝毛」というキーワードは次第に聞こえなくなっていき、最近ではシャンプーなどのCMでも「枝毛」という言葉を聞くことはほぼなくなっています。

 

理由は、ここ10数年で開発されたヘアケア商品に変化があったこと、そして、それに伴い髪ダメージの仕組みも変化してしまったことです。

 

このことが、「髪が乾きにくいと切れ毛や細毛になる可能性」とどう関係しているのか。

 

あなたも「天然由来の植物成分(植物油脂)」という言葉をどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。
ヘアケアに関する商品では「天然由来の植物油脂を配合!」という言葉でドラッグストアやスーパーで派手に広告されています。

 

この「天然由来の植物油脂」というやつが、それまで主流だった「シリコン」に代わって登場し始めたのが2010年頃。

 

「ささくれたキューティクルをコーティング・保護しながら、ツヤツヤでなめらかな手触りを実現!」などとノタマッて大々的に主役におどり出たのでした。

 

実はこの「天然由来の植物油脂」には、バターやラード(豚の脂)ぐらいの強烈な濃度の油脂分が含まれています。
その油脂分で、ささくれたキューティクルの隙間に入り込み、またシャンプーなどの洗浄剤と一緒に毛髪の奥まで浸透(コーティング)して傷ついたタンパク質を補修してくれたりします。

 

一見すると、なんか良いことをやってくれてるように見えます。

 

でもね。
植物性油脂は、乾くと「固まる」わけですよ。その性質上。
そして、先ほども言いましたが、植物性油脂分はダメージを受けたキューティクルの隙間や毛髪の奥底まで入り込み、髪の毛をコーティングしてしまってます。

 

それが乾くことで固まる。
そうなるとどうなるか。

 

もともとキューティクル(髪の表皮にあたる魚のウロコのような形をした組織)というのは、髪が濡れているときは思いっきり開いて自ら乾かそうとし、また乾くと閉じるという性質があります。
たえず髪内部の水分量を判断して、必要に応じ空気中の水蒸気を取り込んだり排出したりする、とーても重要な役割を果たしてくれています。

 

そのキューティクルが丸ごとコーティングされ、しかも固められてしまったらどうなると思いますか?

 

当然、キューティクルはその機能を果たせなくなり、まず髪内部の水分をほとんど外に排出することができなくなります。
そしてさらに悪いことに植物性油脂は紫外線などによって酸化するため、髪内部のタンパク質やキューティクル自体を劣化させていきます。

 

髪内部の水分調整(水分を外に出す機能)が働かなくなってしまった状態では、ドライヤーをかけてもなかなか乾きません。
そして、キューティクルの劣化によってゴワゴワした手触りの髪質になり、さらにその状態を続けていると、いよいよ怖くて悲しい切れ毛や細毛の状態に入っていきます。

 

これが「髪が乾きにくいと切れ毛や細毛になる可能性がある」という理由です。

 

「あれ?そういえば髪が乾きにくいかなぁ」と感じたら、そのまま放置するのは危険!と思ってください。

脱毛防止・育毛促進はこちら

手軽にがっちり成果を得たい方へ

 

現在の抜け毛の量を減らし、新生毛(新しく生えてくる毛)を太く成長させるための方法の一つとして、「育毛サプリメント」という選択肢があります。

 

販売数が圧倒的に多く、人気も非常に高い製品3点について、分析を交えながらご紹介します。

 

僕自身、今も利用し続けているものもありますので、是非ご参考になさってください。

 

 

>>育毛サプリメント3商品の分析です<<

 

 

 

髪のプロによるマッサージを体験してみたい方へ

 

アデランスさんの体験メニューについてご紹介します。

 

アデランスさんのお店は全国にあり、また予約も手軽にできるため、是非一度プロの手技による頭皮マッサージを体験していただければと思います(間違いなくあなたも感動することと思います)。

 

 

>>アデランスのお試し体験について<<

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて