育毛剤の概要を知ろう

ひと口に「脱毛・薄毛」といっても原因はいろいろある

 

今現在、抜け毛のことで「不安」は感じていても「悩み」まではいってない人、つまり「まだ髪がけっこうフサフサしている人」にとって、「育毛剤」というのは「完全に不要なもの」という存在だと思います。

 

一方、抜け毛が深刻な「悩み」になっている人にとっては、育毛剤は「なくてはならない必需品」です。

 

僕もそうですが、育毛剤は本当に重要な存在です。

 

そして、抜け毛や薄毛、ハゲで苦しんでいる人はそのほとんどの人がこう思っているはずです。

 

「もっと早く育毛剤でケアを始めていれば・・・」

 

 

最近抜け毛が多いな、と漠然とした不安は感じつつ、特別な抜け毛対策をしていない人にとって、高いお金を出してまで育毛剤を買う人はまずいません。

 

なぜなら「今はまだ必要ない」し、「育毛剤を使ったって別に状況は変わらないだろう」と思っているからです。

 

そして、
そのほとんどの人がその後、抜け毛や薄毛で苦しむことになります。

 

 

なにより大切なことは、
抜け毛についてなんらかの自覚症状があるなら、今すぐにでも育毛剤の使用を開始すること。

 

このことを本当に強く勧めたいです。

 

このサイトをご訪問される方々は、すでに薄毛やハゲの症状で悩み苦しんでいる人が大半なのですが、もし、まだあなたが抜け毛の初期症状の段階にいるなら、一刻も早く育毛剤を始めてほしい、本当にそう思います。

 

 

ちなみに、これからご案内していく「育毛剤」ですが、たとえばドラッグストアに行ってみると最近では割と多くの種類の商品が販売されています。

 

そして製品裏面をよく見てみると主成分もけっこうバラバラ。

 

正直、どんなことを基準にして、なにを買ったらいいのか分からないことでしょう。

 

ひと口に「脱毛・薄毛」といっても、その原因はいろいろと考えられます。

 

男性型脱毛症の場合には、原則は男性ホルモン(悪玉男性ホルモンの過剰)の攻略。

 

逆に女性型脱毛症の場合は、もちろん男性と同じ原因もありますし、それ以外にも女性ホルモンのバランス異常(たとえば出産後などの一時的な脱毛)といった、女性特有の現象も考えられます。

 

市販の育毛剤の場合、主成分はだいたい似通っている場合がありますが、それでも育毛剤を選ぶ際はまず自分がどんな原因のタイプで、どんなことを改善したいのか、ということをある程度把握しておいた方が良いでしょう。

≪スポンサー リンク≫




市販の育毛剤はだいたい医薬部外品

 

育毛剤選びを混乱させる理由の一つが「医薬品」と「医薬部外品」。

 

まず結論からいうと、「医薬品」も「医薬部外品」も「薬」という大きなジャンルの中には入ります。

 

これはどういうことかというと、サプリメントのような「健康食品」とは違って、「薬」ですから作用の大小はあっても身体に何らかの影響を及ぼす可能性があるということです。

 

 

「医薬品」はさらに「一般医薬品」と「医療用医薬品」に分かれます。

 

以下にちょっとまとめてみましょう。

 

「医薬品」と「医薬部外品」

一般医薬品

薬局や薬店で購入できる薬。
手軽に購入できるからといっても「薬」ですから副作用が起こる場合があります。
副作用などにより日常生活に支障をきたす程度の健康被害のリスクに応じて、「第一類」「第二類」「第三類」と種別が分けられています。

 

医療用医薬品

医師による処方箋が必要なお薬。
つまり、病院でお医者さんに診てもらわないと手に入らない薬のことです。

 

医薬部外品

医薬品より効果は緩いけれど、でも人体になんらかの改善効果がある製品(正確には医薬品と化粧品の中間に位置されています)。
通常の医薬品は「積極的な治療」を目的としていますが、医薬部外品は「予防」に重点を置いて開発されています。

 

さて。
上記を踏まえていただいた上でですが。
ちなみにドラッグストアなどで売っている育毛剤で、「薬用●●●●」と書かれているものは、そのほとんどが「医薬部外品」です。

 

つまり市販の育毛剤はほとんどが「予防」を重点に開発されているということです。

 

 

そして、ごく少数ではありますが、「一般医薬品」の育毛剤もドラッグストアなどで販売されてますね。

 

薬事法によれば「薬剤師が常駐する薬局などで薬剤師が手渡しし、商品内容や使用法について文書で説明する義務がある」とされる第一類医薬品に、「リアップ」という商品があります。

 

リアップは、壮年性脱毛症の発毛や育毛、脱毛の進行予防薬です。

 

また、第二類医薬品には例えば「カロヤンアポジカΣ(シグマ)プラス」「ハツモールヘアーグロアーS」といった商品。

 

さらに、一般医薬品の中では最もリスクが低い(でも副作用のおそれはあります)第三類医薬品として「NFカロヤンガッシュ」という商品があります。

 

 

ここで注意ですが、一般医薬品はたとえ医師の処方箋がないとはいっても「薬」です。
誤解を恐れずにいえば、「薬」は「健康食品」とはちがって身体に対し強制的に攻撃を加えていきます。
だから症状は積極的に治り、でも一方で健康な部分も攻撃を受けることから弊害も発生する場合がある。

 

それが副作用です。

 

育毛剤に限ったことではありませんが、決して「一般医薬品の方がなんか効きそうじゃん!」というような安易な商品選びはしないようにしてください。

 

 

ところで、日本は海外に比べると医薬品の認可に対して基本的には慎重な姿勢です。

 

育毛剤についても一般医薬品として扱われる商品が数少ないのは、日本というお国柄かもしれませんね。

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて