男性型脱毛症と遺伝の最新情報

遺伝による発症のメカニズムが早く解明されてほしい

自分の父親やおじいさんがハゲている場合、「将来遺伝で自分もハゲるのだ」、「今ハゲてるのは遺伝だ」と思っている人は多いのではないでしょうか。

 

昔から父親や父方のおじいさんがハゲている場合はその子もハゲるという、多因性の優性遺伝という考え方が一般的でした。

 

その後研究が進むと、どうも男性型脱毛症の原因遺伝子は「母親のX染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子によって引き継がれたものらしい」との見解が有力になり、つまりは父親や父方のおじいさんがハゲていることよりも、むしろ母方のおじいさんがハゲてる方がハゲる可能性が高い!となりました。

 

この見解がさらにひっくり返ったのが2008年。

 

男性ホルモンとは直接関係のないと思われるDNA塩基配列の変異が20番染色体で発見されたことが発端で、先ほど挙げた「母親のX染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子」とこのDNA変異が両方ともそろった人の場合、両方とも存在しない人の場合に比べて男性型脱毛症の発症率が7倍も高かったという論文が国際学術誌「ネイチャー・ジェネティクス」に発表されました(ロンドン大学をはじめとした欧米6ヵ国のチームによる遺伝学に関する研究)。

 

つまり。
これまでのように原因が「父方からの遺伝がどうのこうの」、「母方からの遺伝がどうのこうの」とは一概に単純に言えなくなったわけです。

 

残念ながら、ある意味ふりだしに戻った感じではあります。

 

結局「どういったDNAの変異が」、「どの遺伝子に対して」、「どんな影響を与えるのか」、という点についてはまだまったく未解明のままらしく、これからも途方もない「原因」と「結果」の組み合わせを検証して、遺伝による脱毛症(脱毛・抜け毛)の解決策を探していくのでしょう。

 

まぁでももし遺伝と脱毛との因果関係が遺伝学的に解明されてくれば、脱毛に対する「夢の遺伝子治療」が実現するかもしれません。

 

近い将来か遠い将来か。

 

 

僕らが生きてる間には難しいのかなぁ・・・。

≪スポンサー リンク≫




スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて