「粃糠(ひとう)性脱毛症」と「脂漏性脱毛症」

「粃糠(ひとう)性脱毛症」と「脂漏性脱毛症」

男性に特に多い脱毛症状の「粃糠(ひとう)性脱毛症」と「脂漏性脱毛症」についてお話します。

 

フケが大量に発生する「粃糠(ひとう)性脱毛症」

 

粃糠(ひとう)性脱毛症は、頭皮のフケが原因で発生する脱毛症状です。

 

粃糠(ひとう)の「糠」(とう)は「ぬか」とも読みます。

 

頭皮に付いたフケがあたかも「ぬか」のようにベットリ付いて見えることから名づけられたといわれています。

 

フケ自体は誰にでもできるものですが、この粃糠(ひとう)性脱毛症の場合は頭皮が白く見えるほどに大量のフケが出て、かさぶたのような状態になって毛穴をふさいでしまいます。

 

その結果、頭皮は呼吸ができなくなり、また皮脂や老廃物の処理も進まず、さらにフケや皮脂を栄養とするダニや細菌がみるみる繁殖し、最後は頭皮全体が炎症して脱毛していくのです。

 

「粃糠(ひとう)性脱毛症」の対策

 

粃糠(ひとう)性脱毛症の対策は、とにかく「フケ対策」。
特に洗髪方法の見直し。そして食生活の見直しもあわせて行う必要があります。

 

シャンプー剤の回数を減らす。たとえばシャンプー剤で洗うのは2日に1回にして、シャンプー剤を使わない日はぬるま湯で洗うようにする。

シャンプー剤は「アミノ酸系」などの刺激の少ないものに替える。

シャンプー剤で洗浄したら、すすぎはシャンプーにかけた時間の3倍の時間をかけて行うこと。ただし爪で引っ掻いたりこすり過ぎたりしないよう注意する。

ビタミンAやビタミンB群の摂取を心がけること。

 

 

過剰な皮脂によって発生する「脂漏性脱毛症」

 

脂漏性脱毛症は、ホルモンのバランス異常などで過剰に皮脂が分泌され、それらが毛穴をふさぐことで頭皮(毛穴周辺の毛根)が炎症を起こして脱毛していく症状です。

 

実は日本人男性の約30%以上にこの脂漏性脱毛症の傾向があるといわれていて、脱毛が進んだ場合は前頭部や頭頂部だけでなく、側頭部や後頭部まで脱毛してしまう怖い症状です。

 

脂漏性脱毛症の主な原因

・そもそも髪を洗う回数が少ない(普段あまり髪を洗わない)
・脂っぽい食べ物が大好きで、普段野菜はほとんど食べずに肉類中心の食生活
・シャンプー剤やトリートメント剤が合っていない
・冷え性体質(身体全体が血行不良)

 

「脂漏性脱毛症」の対策

 

脂漏性脱毛症の対策は、特に食生活の見直しが最重要。
洗髪方法の見直しももちろん大事ですが、体質改善をより重視した方が良いでしょう。

 

※脂漏性脱毛症は症状が重い場合(頭皮が褐色、真っ赤)は、医療機関で診察を受けることを強くお勧めします。

 

脂肪分の多い肉類や揚げ物中心の食生活は控え、食事内容のバランスを真剣に考えるようにする(野菜中心にしろ、魚中心にしろ、というわけではない)。

ビタミンB2やビタミンB6を摂取し、皮脂の代謝を促進させる。サプリメントを購入して飲んでみるのも良い。

糖分や脂肪分を含んだコーヒーやアルコールは控えよう(アルコールは糖分のあるなしに関わらず大量には飲まないよう気をつける)。

シャンプー剤は「アミノ酸系」などの刺激の少ないものに替える。

育毛剤とマッサージを併用し、頭皮が硬くならないよう意識しながら血行をよくする。

シャンプー剤で洗浄するときは、皮脂の摂り過ぎに注意すること。

 

≪スポンサー リンク≫




脱毛防止・育毛促進はこちら

手軽にがっちり成果を得たい方へ

 

現在の抜け毛の量を減らし、新生毛(新しく生えてくる毛)を太く成長させるための方法の一つとして、「育毛サプリメント」という選択肢があります。

 

販売数が圧倒的に多く、人気も非常に高い製品3点について、分析を交えながらご紹介します。

 

僕自身、今も利用し続けているものもありますので、是非ご参考になさってください。

 

 

>>育毛サプリメント3商品の分析です<<

 

 

 

髪のプロによるマッサージを体験してみたい方へ

 

アデランスさんの体験メニューについてご紹介します。

 

アデランスさんのお店は全国にあり、また予約も手軽にできるため、是非一度プロの手技による頭皮マッサージを体験していただければと思います(間違いなくあなたも感動することと思います)。

 

 

>>アデランスのお試し体験について<<

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて