季節の変わり目の抜け毛

春や秋に抜け毛が増えるように感じるんだけど?

 

「思い返してみるとそういえば春先や秋口って特に抜け毛が多いかもな」

 

と思われる方は、その時期の抜け毛についてそんなに重大に悩む必要はありません。

 

一般的に、4月・5月と、9月・10月はそもそも抜け毛が増えやすい時期だといわれています。
まさに春先や秋口ですね。

 

特に秋口は抜け毛が増えやすい季節といわれていて、かく言う自分もその時期に抜け毛が増えたことから当時馴染みの床屋さんで相談したことがありました。

 

すると床屋のおやじさんから一言、

 

「夏場のいろんな問題も抜け毛に関係してるんだけど、春先と秋口は特に生えかわりの時期でもあるからこの時期の抜け毛だったらそんなに心配しなくていいんだよ」

 

とのこと。

 

まぁでも。
深刻になり過ぎる必要はないにしても、それぞれの季節の抜け毛について「冬または夏をどう過ごすか」が春秋の抜け毛予防のキーポイントの一つになるのは間違いありません。

 

ということで、春先や秋口に抜け毛が増える原因について少し触れてみたいと思います。

≪スポンサー リンク≫




春先に抜け毛が増える原因とは

 

春になると陽気も暖かくなってきて草木も芽吹いてきますが、僕らの頭皮でも春の季節はまさに芽吹きの時期。

 

細胞が眠りから覚めて、毛母細胞でたくさんの髪の卵が産まれてくる「毛芽期」という時期にあたります。
この産まれたばかりの赤ちゃん毛玉がこれから元気にのびのび成長していけるように、実は毛穴に残った古い毛髪は自らいっせいに頭皮からサヨナラして抜け落ちていきます。

 

あたかもタンポポの綿毛が風に乗っていっせいに旅立つかのように…。

 

なんか切なくなりますが、それでも新しい生命(毛髪)の成長のために、古い生命は自らその場を去っていくわけです。

 

これがいっぺんに多めに抜けてる印象を持ってしまう原因の一つ。

 

その他にも、この季節は卒業や入学、進学や就職、異動や転勤といった環境の大きな変化がつきものですので、そうした中で精神的に大きな負担(ストレス)がかかりやすい時期でもあります。
そうなると自律神経のバランスに障害が発生し、結果として毛母細胞への脳からの命令にも狂いが生じやすくなってきます(実際にはこの原因がけっこう大きいといわれています)。

 

さらに、春先の抜け毛の原因は冬場の不摂生の結果の可能性もあります。

 

例えば年末年始での暴飲暴食や夜更かし。
そうした生活サイクルの乱れも身体に蓄積されていて、春先の生えかわりの時期に「脱毛」という形で一気に噴出してくる可能性があります。

秋口に抜け毛が増える原因とは

 

暑い夏が終わり涼しくなってくると、途端に抜け毛が増えてくる現象。
これにはいろいろな原因があるといわれてますが、最も大きな原因としてよく取り上げられるのが「冷え」、それも「内臓の冷え」です。

 

特にこの10年近く「異常気象異常気象」と盛んにいわれてる中で、日本も夏場は猛暑日(一日の最高気温が摂氏35度以上になる日)となる日が多くなっています。
そうした中で熱中症にならないよう、なんとか身体を冷やそうと出来ることなら我慢せずにどんどんやってしまうわけです。

 

例えばノドが渇いたら冷たい飲み物を我慢せずに飲みたいだけ飲む。
暑さの影響で食欲もなくなりやすくなり、あっさりとした麺類を中心にヒンヤリ系の料理を食べるときが多くなる。

 

さらに、自宅や職場では常にエアコンの効いた室内に長時間いる。

 

もちろんそれらの行為がすべて悪いなんて言うつもりはまったくありません。
あくまで熱中症にならないように気をつけての行為ですから。

 

でもね。
上記のような行為はすべて内臓、それも特に胃腸にダメージを与えます。

 

胃腸のダメージをそのままにしておくと消化吸収力が驚くほど低下し、身体の各器官や毛母細胞への血液や栄養分の供給量も減少することから、栄養が足りなくなった毛髪はある日「ポロッ」と抜け落ちてしまうんです。

 

これが脱毛現象が主に9〜10月頃に発生しやすいといわれる理由です。

 

 

「毎年暑い季節には下痢をしやすい」という人は要注意!

 

不安な人は以下のポイントを参考にしてみてくださいね。

 

秋口の脱毛を阻止するために夏に注意しておくこと

・エアコンが効いた室内ではお腹や足の肌は絶対に出さないようにする(ひざ掛けをするのも良いです)

 

・自宅でエアコンをかける際は、冷風が直接お腹や身体に当たらないようにくれぐれも注意する(胃腸をモロに冷やしてしまうのが一番まずい!)。

 

・暑い季節であっても可能な限り湯船に浸かる(シャワーだけで済ますと内臓が温まらないため)。

 

・寝る前は冷たい食べ物や飲み物は摂らないこと。

 

・ニンニクや七味唐辛子、ネギといった身体を温める薬味や、ゴボウ・ニンジン、ショウガや山いもといった身体を温める食材を積極的に摂り入れること。

 

「夏は風呂上がりにビールやアイスクリームは欠かせないよね!」

 

という方。

 

その気持ちはとってもとってもよく分かるのですが、ホドホドにしておかないと秋になって大きな後悔をすることになるかもしれませんよ。

 

大切な自分の髪の毛のために、気をつけてくださいね。

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて