ノンシリコンも注意

ノンシリコンも注意

 

この数年、シャンプー剤では「ノンシリコン」がブームになっています。

 

そうなるとメーカーも当然「シリコン入り」よりも「ノンシリコン」のシャンプー剤をたくさん生産するし、やはりというか、「シリコン入り」を悪者扱いし始めました。

 

ここでは、シリコンとはそもそもなんなのか?
じゃあノンシリコンの方が良いのか?

 

このあたりを誤解を解きながらご案内していきたいと思います。

 

結論を言ってしまうと、「ノンシリコンもやっぱりダメだよ」、というお話です。

≪スポンサー リンク≫




今さら聞けないならここで知ろう。シリコンとは?

 

そもそもシリコンとはなにか?

 

単刀直入に言うと、シリコンとは「髪を洗うときにキシみをなくして指通りを良くする」ための成分です。

 

シャンプー剤に配合されているシリコンは基本的に化粧品にもよく使われるタイプと同じ。このシリコンは作られ方によってはオイルのように使用される場合もあるし、またゴムのように使われたりする場合もあって、とにかくいろんな用途に変化します。

 

あ、でも美容整形などで胸に入れるシリコンとはまた違いますからね;;

 

シャンプー剤の製品裏面の一覧を見たとき、以下の成分が入っていたらそれはシリコン入りだと思って良いでしょう。

 

・ジメチコン ・シクロメチコン ・シロキ ・シリカ ・メチコン

指通りを良くするシリコンの仕組み

 

ずばり、シリコンはコーティング剤の一種です。
したがって、シリコンの役割は毛髪に皮膜を作ること。

 

でもシャンプー剤はそもそも髪を洗浄することが唯一の目的です。

 

だから、「洗浄するためのシャンプー剤にもかかわらずコーティング剤なんか入れたら頭皮や髪に良くないだろ!」という議論になって、結果現在ノンシリコンシャンプーが売れている、という事態になってしまっているのです。

 

でもじゃあ洗浄剤であるシャンプーになんでコーティング剤(シリコン)を入れる必要があったのか?

 

それは、洗浄成分に原因があったようです。

 

洗浄成分には高級アルコール系やベタイン系、石けん系など多くの種類が配合されているんですが、中でも「ラウレス硫酸」という高級アルコール系の洗浄成分が「少量でもよく泡立ち、さらに安い」という点で、低価格のシャンプー剤にとにかく大量に配合されました。

 

この「ラウレス硫酸」は洗浄力が非常に強く、毛髪の汚れは良く落ちるんですが、その代わり洗った後は毛髪がギッチギチになっちゃうわけです。
それくらい毛髪には良くない成分とも言えますが。

 

そしてそのギッチギチになった指ざわり感をなんとかするために登場したのがシリコン。

 

シリコンが配合されることによって毛髪全体に皮膜が作られ、さらにツヤも出てセットもしやすくなるという、副産物的な効果が発生しました。

 

でもこのサイトでもすでにあちこちでお話してきているように、毛髪はコーティングされること自体が良くないのです。

じゃあやっぱりノンシリコンの方がいいのか?

 

最近はドラッグストアのヘアケア商品売り場でもノンシリコンシャンプーの広告が大々的にされてますが・・・、やはりあなたもノンシリコンシャンプーを使ってますか?

 

ノンシリコンシャンプーの特徴、それは「髪がツルツルして、しかもフワッと仕上がる軽さ」にあります。

 

この手ざわり感を生み出しているのが「天然植物由来の濃厚なバターやラード系油脂成分」。

 

濃厚なバターやラード系油脂成分がその強力な油膜でガッチリ毛髪をコーティングします。

 

「あれ・・・コーティングって・・・シリコンじゃないのに??」

 

と思われた方。

 

そうなんです。

 

先ほど言いましたが、シリコンはコーティング剤の一種。

 

そして、バターやラード系油脂成分もコーティング剤の一つなんです。

 

つまり。
シリコンだろうがノンシリコンだろうが、結局毛髪には異質物なんです。

 

ちなみにバターやラード系油脂成分はその油膜で髪内部を窒息状態にするだけでなく、紫外線による酸化でタンパク質やキューティクルをボロボロにしてゴワゴワした髪質に変化させていきます。

 

その悪影響ははっきり言ってシリコン以上。

 

強力な脂肪分が洗浄成分と一緒に髪内部に浸透し、タンパク質と絡みついて毛髪の呼吸運動を奪います。

 

そのうち毛髪表面はブクブク太っていくのに、髪内部はスッカスカの空洞状態。

 

最後はブラシでとかすだけでプチプチと切れてしまう最悪な状態へと進行してしまいます。

 

もしあなたが今ノンシリコン系のシャンプー剤を使っているのなら、その裏面の一覧で以下の成分が書かれてないかチェックしてみてください。

 

バター系

・ムルムルバター/ムルムル脂
・シアバター(トコフェロール、カロチノイド、トリテルペン含む)
・カカオバター(口紅やクリーム基材としても使用される)

植物油系

・ツバキ油(フケやかゆみの防止効果があるといわれてます)
・ホホバ油
・ヤシ油(シャンプーやリンスの加脂剤として使われます)
・パーム核油
・ヒマシ油(頭髪用化粧品や石けんの原料として使われます)

泡立ちが良いシャンプー剤はヤバい

 

ノンシリコン系やアミノ酸系の洗浄成分は基本的に髪に優しいと言われてますが、最も分かりやすく最も重要な問題は「どんな洗浄成分が配合されてるか?」という点ではなく、「泡立ちが良過ぎる」という点です。

 

あなたは、「シャンプーするとき泡立ちが良くないとちゃんと洗えてないような気がする」と思ってませんか?

 

それは完全に間違った常識です。

 

テレビや雑誌の広告では決して言ってくれないことですが、はっきり言って「泡立ちが良いシャンプー」は毛髪を傷めます。

 

 

市販のシャンプー剤やトリートメント剤はどれもこれも正直お勧めできるものはありません(単純にいえば、シリコン入りでもノンシリコン系でもどの商品を買っても大差はないといえます)。

 

「洗浄」だけでいえば、シャンプー剤を使わずとも湯洗いだけで汚れの80%は落ちてしまいますから、シャンプー剤を使う際は泡立ちとかは考えず、できるだけ使う量を減らすことをお勧めします(トリートメント剤も可能な限り使用しないことを強くお勧めします)。

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて