あらゆる整髪料は使ってはいけない!

あらゆる整髪料は使ってはいけない!

 

学校に登校する際、会社に出勤する際、プライベートで出かける際、気に入った髪型を少しでも長い時間キープしたいからと、整髪料を付けて髪を固定した経験がある人は多いでしょう。

 

というか、今も毎日普通に整髪料をつけてるかもしれませんね。

 

このサイトを訪れていただけた方は、きっと整髪料を使うことになんらかの不安を感じていることと思います。

 

そして、最初に言いますが、その不安は正解です。

 

頭皮、そして毛髪のためには、整髪料は使ってはいけません。

 

例えばヘアスプレー。

 

インターネットのWikipedia(ウィキペディア)には以下のように書かれています。

 

ヘアスプレー

液状樹脂をガスの力で髪に噴射し、髪の乱れを防ぐ。主に仕上げ用。
ヘアスプレーは、整髪成分やオイル成分をアルコールに溶解した原液を噴射剤と一緒にエアゾール容器に充填したエアゾール製品であり、細かい霧状に噴射させる機構をもつ整髪剤である。髪の表面に噴霧して髪型をしっかりと保持する機能のみならず、現在では手ぐしでヘアスタイルを形成する目的や光沢や手触りを改善する目的で使用されるものも開発され、「ハードタイプ」、「アレンジタイプ」、「グロスタイプ」に分類される。

 

ハードタイプ

ヘアスタイルを固定する高いセット力と耐湿性が強く求められ、皮膜形成能の高いセット樹脂(アクリル樹脂アルカノールアミン液など)を整髪成分と して配合している。また、少量の油分や湿潤剤を可塑剤として添加することにより、皮膜の硬さを調整している。噴射剤は液化石油ガスが使用され、セット樹脂 の溶解性、噴射状態、缶の腐食などを考慮して配合されている。

 

アレンジタイプ

ハードタイプと異なり、再整髪が可能な特性を有している。毛髪同士の適度な粘着性と手触りの柔らかさに特徴があり、セット樹脂の選択、可塑剤(シリコーンや多価アルコール)、水を適量配合して調整している。また噴射剤は液化石油ガス、ジメチルエーテル、窒素など様々なタイプが用いられる。

 

グロスタイプ

光沢を付与するほか、手触りを改善する目的で使用される。主成分としてシリコーンやエステル油が配合され、セット樹脂は配合しない場合が多く、ヘアオイルのエアゾール状タイプとなっている。

 

以上「整髪料 Wikipedia」参照

 

なにやらいろんな化学物質が配合されてますね。
一つひとつを解説してもいいんですが、結論を言ってしまうと毛髪にも頭皮にもこれらの成分は毒物といって過言ではありません。

 

整髪料を付けた後にブラシでとかすとポロポロと白いものが浮き出てくることがありませんか?
場合によっては髪のあちこちに付着してるので「フケか??」と思うかもしれません。

 

それは、整髪料の原料として配合されている液状樹脂や整髪成分、オイル成分です。

 

よく「整髪料を付けた後はしっかりシャンプーで洗い流すこと」といわれてますが、はっきり言って、整髪料に配合されたあらゆる化学物質は、いったん毛髪に付着してしまうとどんな強力な洗浄成分を持ったシャンプー剤で一生懸命洗っても完璧には落とすことができません。

 

それくらい整髪料の実際の接着力は驚くほどに強力です。

 

そんな整髪料を毎日毎日繰り返し繰り返し付けていくと、残念ながら落ち切れていない成分の上からさらに接着剤が上塗りされ、その厚みは日ごとに増してゆき、程なくして毛髪は呼吸できなくなって窒息状態に陥ります。

 

息が出来なくなった毛髪はだんだんと痩せ衰えて、あるとき「ポロッ」と抜け落ちます。

 

それだけではありません。

 

最も恐ろしいのは頭皮の方です。

 

「自分は整髪料付けるときは頭皮に付かないように気をつけてるけど?」

 

という方。

 

たしかに整髪料を付けるときは頭皮に付かないように意識されているかもしれません。

 

ですが、頭皮は知らず知らずのうちに汗をかいているのです。
汗をかくと、毛髪に付いた整髪成分が頭皮にも少しずつ溶け出してきます。

 

結果として、多くの毒性を持った化学物質が頭皮にも直に浸透することになるわけです。

 

有害な化学物質が頭皮(皮膚)にくっついたままその日一日を過ごすとどうなるか。
困ったことに、冬場の寒い時期や疲れてクタクタになって帰ってきた日などは、ついついお風呂に入らずそのまま寝てしまう、といったこともあるかもしれません。

 

そうなると、化学物質で汚れたままの状態で、大切な頭皮が放置されることになります。

 

そんなことが続いた末路は、頭皮が赤黒くただれてきて、発疹(ぶつぶつ)などの皮膚異常が発生し、脱毛のスピードが加速していくのです。

 

 

僕も昔、中学生や高校生の頃は毎朝整髪料を付けまくってました。
それもなんとヘアスプレーとヘアジェルを同時に付けて、本当にガチガチに髪全体を固定してました。
その後高校2年生くらいから急に頭全体がかゆくなってきて、汗や皮脂の汚れが原因だなと勝手に判断し、シャンプーをしまくり、結果あれよあれよという間に抜け毛の量が増え、気がついたら19歳でかなりの薄毛状態になっていました…。

 

 

今現在整髪料を使っている方で、最近「かゆみ」や「フケの量」が気になっている方。
かゆみやフケはないけれど、ヘアスプレー等をすると頭皮がチクチクする方。

 

それは「選んだその整髪料が自分の髪や頭皮に合わなかった」のではありません。
そもそも整髪料を使うこと自体がダメだという警告です。

 

もし今、ミストやワックス、ジェルやムース、洗い流さないトリートメント、といった整髪料を使っているなら、今すぐにでも使用を中止することをお勧めします!

 

 

毛髪を加工してしまう整髪料は、まさに「百害あって一利なし」です。

 

≪スポンサー リンク≫




スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて