抜け毛が増えないようにする生活習慣10個チェック!

髪は健康のバロメーター。チェックしてください。

「毎朝毎晩、常に髪の毛には気を遣っている。
 シャンプー剤やトリートメント剤の成分や使い方にはもちろん注意してるし、
 とにかくいつもお手入れには人一倍努力してる。

 

 それなのに、自分の髪は乾燥してバサバサしてる。

 

 そして、抜け毛の量がどんどん増えてるように感じる。

 

 これだけお手入れを意識してちゃんとやってるのに髪の傷みが良くならないのは、
 やっぱり遺伝の問題とか自分の髪質が悪いからじゃないのか?」

 

 

そう思われている方。

 

たしかに毎日毎日のヘアケアは大切です(もちろんやり方にもよりますが)。
また、遺伝の問題もたしかに可能性はゼロではありません。
※遺伝のお話は別の機会にちゃんとしたいと思います。

 

でもね。
現状を悲観する前にまだまだ確認した方が良い点はけっこうありますよ。

 

それは、「生活習慣」です。

 

多くの人は大なり小なり生活習慣に乱れがあるのは自然なことだと思いますが、問題はその生活習慣の乱れがずっと続いていたり、それが原因で身体になんらかの不調を感じている場合、実はそれがそのまま髪にも大きなダメージとして跳ね返っていきます。

 

ここでは、生活習慣からみた「抜け毛を増やさないようにするための10個チェック」をご案内します。

1 過激な食事制限をするダイエットは絶対にしない
2 その日の汚れはその日のうちに洗い流すこと!
3 整髪料はつけない、つけるなら最小限で
4 髪を洗うときのすすぎは3倍増しで!
5 髪を乾かさずに自然乾燥のまま寝てはダメ
6 夜の12時までには眠るよう心掛ける
7 塩分はできるだけ控える
8 野菜は意識して食べる(野菜嫌いとか言ってる場合じゃない!)
9 エアコンが効きすぎた部屋には長時間いないこと
10 強いストレスには気をつける、ストレスを抱えたままにしない

 

過激な食事制限をするダイエットは絶対にしない

体重を落とすために毎日1食しか食べないとか、または毎日パン1個しか食べないとか、そういう過激な食事制限をするような行為は、髪の毛がどうのという話以前に、身体にとって最悪なのだとまず理解してください。

 

当然髪の毛、頭皮、あらゆる部分に栄養不足の状態が発生するので、毛根周辺は「抜けやすい細胞」に変化していき、毛髪自体も抜けやすくなっていきます。

 

というか毛髪自体がそもそも育ちません。
だって栄養が入ってこないんだから。

 

ダイエットをなぜしようとするのかを考えてみましょう。

 

痩せて健康的に(キレイに)見られたいから?
太ったままではいろんな病気にかかる恐れがあるから?

 

単なる強引な絶食では、ダイエットはもちろん、身体の健康・髪の健康もなにもかも手に入れることはできません。

 

 

その日の汚れはその日のうちに洗い流すこと!

夜遅くまで残業してクタクタで帰ってきた、飲み過ぎて終電で帰ってきた、
だから今夜は風呂はいいや。

 

という感じで、ついついそのまま寝てしまい、洗髪を翌朝にしてしまう方。

 

残念ながら頭皮にはあまり良くありません。

 

朝シャン(朝にシャンプーすること)が悪いということではなく、汚れたままの状態で身体を休めるのが良くないという意味です。
汗や皮脂や汚れが頭皮から髪の毛までベットリくっついた状態のまま眠ってしまうような状況が続くと、抜けやすい髪質や細い毛質の髪が育ってしまう可能性があります。

 

 

整髪料はつけない、つけるなら最小限で

ヘアワックスやヘアクリーム、スプレーやムース。
特にセット力の強い整髪料はキューティクル全体をガチガチにコーティングしてしまうため、髪の毛自身が呼吸できなくなってしまいます。窒息状態になった毛髪は結果として細くなり、すぐに切れやすくなる。

 

あなたの抜け毛の中に、細くて短い毛がけっこう多くありませんか?

 

髪を洗うときのすすぎは3倍増しで!

特に女性に多いのですが、「シャンプーの良い香りを長引かせたいから、シャンプーの後はあんまりすすがない」という行為。

 

これ、本当にやめてくださいね。

 

育毛外来の先生方もよく言われることですが、「シャンプーの後は、シャンプーにかけた時間の3倍の時間をすすぎにかけること」です。

 

とにかく時間をかけて、ゆっくりじっくり、髪全体をすすいでください。

 

あなたが思っている以上に、シャンプー剤は髪をすすいだ後でも意外と頭皮(毛穴周辺)に残ったままです。

 

これらがフケやかゆみといった炎症の原因になります。

 

さらにシャンプー剤の残骸や新たな汗や皮脂が毛穴をふさぐと、髪全体が細い髪に変わっていってしまいます。

 

 

髪を乾かさずに自然乾燥のまま寝てはダメ

「ドライヤーで熱風をかけるのは毛髪や頭皮に良くないのでは?」と感じるかもしれませんが(僕は昔そう思ってました)、実は自然乾燥はドライヤーの熱風よりも髪を傷めます。

 

そして、例えば髪が濡れた状態のままで寝っ転がって枕やクッションに髪の毛がこすれると、毛髪が縮れたりキューティクルがささくれたりし、そのうちバサバサした広がりやすい毛質になってしまいます。

 

あなたは心当たりがありませんか?

 

 

夜の12時までには眠るよう心掛ける

身体のあらゆる細胞は、「午後10時から翌午前2時」の間に「身体を安静にした状態の中で」作られるといわれています。
この時間のことを医療関係者は「ゴールデンタイム」と呼んでいます。

 

逆を言えば、この時間に身体が安静状態にないと、細胞が満足に成長しない(へたすると細胞が十分に生成されない)恐れがあります。

 

忙しい毎日の中ではなかなか夜12時までに就寝するのは難しいかもしれませんが、意識してできるだけ夜12時までには電気を消して横になるよう努力しましょう。

 

できればPCやスマホ、携帯電話やタブレットも夜11時半には使い終えるように。

 

 

塩分はできるだけ控える

塩分は身体に基本的には必要です。
ここでいうのは「摂り過ぎ」のことです。

 

過剰な塩分はまず腎臓に重くのしかかります。
それ以外にも血管や心臓、肝臓といった主要な部分に大きな負荷がかかっていき、いつしか身体全体が脂漏体質(皮脂の分泌がいつも多い状態)に変わってしまいます。

 

頭皮はいつもベタベタ、でも髪はゴワゴワで徐々に細毛・切れ毛が進んでいきます。

 

というか。
塩分の過剰摂取はそもそも万病の元ですから本当にお気を付けください!

 

一日の食塩摂取量

健康な成人の場合の一日の食塩摂取量 (厚生労働省推奨食塩摂取量)

  男性:9g未満   女性:7.5g未満

高血圧の治療を要する人:6g (高血圧治療ガイドライン2009版)

腎臓疾患の人の場合:5〜8g以内

 

野菜は意識して食べる(野菜嫌いとか言ってる場合じゃない!)

これはよく言われてることではありますが、野菜に含まれる食物繊維は有害で恐ろしい活性酸素(あらゆる細胞を傷つけ老化させる物質)や老廃物を処理してくれたり、胃腸の機能を改善・安定させてくれます。

 

野菜に含まれるビタミンやミネラル類は弾力のある太い毛を育てるために重要な役割を果たしてくれるため、毛髪にとっても極めて大切な成分です。

 

 

エアコンが効きすぎた部屋には長時間いないこと

暑い日はエアコンの風に直接あたると気持ちいいという人もいるかもしれませんね。

 

ところがこのエアコンの風、髪の水分をグングン奪って乾燥させる大敵ですから注意が必要です。

 

また、エアコンが効いた部屋は身体の血流にも重大な変調をきたします。
冷房による慢性的な「冷え」によって全身の血流が滞りがちになってくると、毛母細胞(毛髪を造る最も重要な部分)への栄養供給も停滞しがちになり、結果として細くて切れやすい軟弱な髪が育ってしまうことになります。

 

夏のエアコンの温度設定は28℃が基本のはず。

 

職場などでもし必要以上に低い温度設定がされている場合は断固訴えましょう!

 

自分の身体を守るために。
自分の髪を守るために。

 

強いストレスには気をつける、ストレスを抱えたままにしない

ストレスを完全になくすことは絶対にできません。
だから「ストレスをなくそう、なくそう」と無理やり意識する必要はありません。

 

ですが。
強烈なストレスは別です。

 

自分に抱えきれないレベルのストレスを背負った場合、主に「自律神経」(身体の様々な器官の働きを調整する神経)にダメージが加わり、それが引き金になって精神的にも肉体的にも多くの障害が発生しはじめます。

 

ご存知のとおり、毛髪もストレスの影響をモロに受けやすい部位。

 

自律神経の乱れによって毛母細胞への命令に狂いが発生し、結果として抜けやすい髪が増えてしまう可能性が大いにあります。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

上記に挙げたチェックポイントについて、3つ以上の心当たりがあるとすれば、あなたの髪は要注意です。

 

冒頭でもお話しましたが、毛髪への対応は「お手入れ」だけでは済みません。

 

生活習慣についても見直さなければならないのは正直大変なことだと思います。

 

でも。
逆に考えればまだ自分の髪の悩みについて改善できる余地があるとも言えるわけです。

 

一日も早く、改善できる生活習慣は積極的に改めていきましょう。

 

≪スポンサー リンク≫




脱毛防止・育毛促進はこちら

手軽にがっちり成果を得たい方へ

 

現在の抜け毛の量を減らし、新生毛(新しく生えてくる毛)を太く成長させるための方法の一つとして、「育毛サプリメント」という選択肢があります。

 

販売数が圧倒的に多く、人気も非常に高い製品3点について、分析を交えながらご紹介します。

 

僕自身、今も利用し続けているものもありますので、是非ご参考になさってください。

 

 

>>育毛サプリメント3商品の分析です<<

 

 

 

髪のプロによるマッサージを体験してみたい方へ

 

アデランスさんの体験メニューについてご紹介します。

 

アデランスさんのお店は全国にあり、また予約も手軽にできるため、是非一度プロの手技による頭皮マッサージを体験していただければと思います(間違いなくあなたも感動することと思います)。

 

 

>>アデランスのお試し体験について<<

スポンサーリンク


 
育毛剤3商品分析 育毛サプリ3商品分析 アデランス体験 自然乾燥はしない 当サイトについて